予防歯科

菌たちの砦「バイオフィルム」

今回は「バイオフィルム」のお話です。

いきなり耳慣れない言葉が出てきましたが、
バイオフィルムとは、いわゆる「ヌメリ」のことです。

たとえばキッチンやバスルームの排水溝。
異臭を放つネバネバしたものがこびりついていたりしますよね。
ヌルヌルしたあのちょっといやな物体がバイオフィルムです。

一見お口や歯とはぜんぜん関係なさそうですよね。
でも、たまに感じませんか?

しっかり歯みがきしたはずなのに、なんかスッキリしない。
歯の表面や口の中がずっとヌルついている感じがする。

あの口の中のヌメリもバイオフィルムの一種なのです。

今「げっ!」って思いませんでしたか?
そう、非常に気持ちが悪く厄介なものがバイオフィルムなのです。

プラーク(歯垢のかたまり)などは「口腔バイオフィルム」と呼ばれます。

バイオフィルムは菌たちの砦のようなものです。

バイオフィルムに守られた菌たちは、
洗口液の殺菌成分が効きにくく、歯磨きでも簡単には落ちません。

健康な口腔内をずっと守っていくためにも、
毎日のこまめで丁寧なブラッシング・フロスと、
歯ブラシ・フロスの届かない隙間の検診・クリーニング
その相乗効果で、大切な歯と全身の健康を守っていきましょう!

関連記事